長文置き場

備忘録

はてなブログとnote両方使ってみた比較話

ここ数年ほどオタクの長文といえばはてなブログの風潮が強かったのだが、ここ1年くらいでnoteの勢力がめちゃくちゃ強くなっていて、最初からnoteを開設する人やはてブからnoteへ移行する人を結構見るので、両方使っている身として比較感想を書いていこうと思う。

どっちがいいんだろうって悩んでググっても、ゴリゴリにアフィリエイトやってる人の感想ばかり出てきて、そうじゃないただ書きたいだけの一般人目線のサイトってなかなか見つからないので、迷っている誰かの参考になればなーと。

結論から先に言ってしまえば、ガッツリ文章書きたい&更新頻度が高い人ははてなブログで、ツイッターじゃ足りないけどそこまでガッツリ書きたいわけじゃない&更新頻度低い(1~2ヶ月に1回書くか書かないかくらいの)人はnoteがいいと思う。

以下それぞれの良いところと体感を書く。全て文の最後に「個人の感想です」がつく系の話なので、そこを留意して読んでもらいたい。

 

 

わたしのスタンス

はてブ歴は5年弱、note歴は1年ちょっと。このブログ一旦非公開にして過去記事全消ししてまた新しく書いていたりするので、まだ1年分も記事ないけどはてブ使い始めたのは2015年~2016年あたりから。

オタク関連の話などを書くメインのブログははてな、読書記録や短い日記はnoteで公開している。なので個人的にははてブの方が好きだし使いやすいし、これからもメインははてな。noteはあくまでサブであり、メインを移行する予定はない。

というスタンスなのではてブ贔屓がにじみ出ていたら申し訳ない。 

 

はてなブログ

文字装飾のバリエーションが豊富

個人的に文字装飾については、太字、引用、見出しが使えればいいかなって感じ。たまにここ全部強調したい!って太字まみれにしちゃうときがあって、そういうときは赤字+太字にしたくなるから赤字くらいは欲しいかなってなるけどまあなくてもいい。そもそも太字まみれにするなという話ではある。でも脚注と大中小の見出しがあるのはてブの強みだと思う。めっちゃ便利。

あとこれはてブでもnoteでも欲しいって思うんだけど、仕切り線一発でいれさせてほしい。htmlタグで入れればいいだけの話だけど面倒くさがり屋だからさ……。

 

デザインのカスタマイズ性が高い

デザインについてはサイト作った経験がなくその手のカスタマイズスキルが0なので、そんなにカスタマイズ性高くなくていい……と思ったけど、最近そうではないことに気付いた。

長文書くつもりならブログのデザインめっちゃ大事。長文でも読みやすい記事の幅だったり文字サイズがあるので、そのへんいじれるのは強い。まあスマホから見る分にははてブもnoteも変わらないんだけどね……。でもPCから見ると読みやすさ全然違う。

個人的にnoteで書かれた長文はマジで読む気しない。どれだけ綺麗に見出しで整理されていても、記事幅狭いし文字デカいからどれだけスクロールしなきゃいけないんだよってなる。はてブだと平気で3000字とか書いちゃうしサラッと読めるけど、noteだともう書いていても読んでいてもめっちゃ長いなってなる。

あとわたしデザインでいえば2カラムが好きで。というのも基本的にスクロール最低限にしたいので、サッサと月別やカテゴリ別アーカイブで記事一覧見たい。1カラムだと1番下までスクロールしないといけないのが面倒。

これがnoteになるとTL形式で表示されるので(マガジン機能使えばカテゴリ別アーカイブつけられたりするけど)、投稿数多いと過去の記事遡るために死ぬほどスクロールしないといけなくなるし、終わりもわからない。そもそもnote自体が情報をストックしておくためのサービスではないということなのかもしれないけど。

 

アプリの操作性も悪くない

基本PCでしか書かないからあまり詳しいことは言えないのだけど。1つの記事をPCとスマホの両方から書こうとしたときに、noteだとPCで改行したときとアプリから改行したときで行間の幅が違って表示されていた。そのせいでアプリで書いた分全部PCから修正する羽目になって、絶対noteはアプリで書かねえと思った。あとネタバレ部分を下げるためにめっちゃ改行したときにそれが反映されなくて、ネタバレなしとネタバレ部分の間に改行がないまま表示されていたりした。

わたしだけのトラブルなのかもしれないのだが、そういうことがありPCからでもアプリからでも編集したいときははてブ。まあはてブのアプリに関しても「悪くない」というだけで「良い」というわけではないし、ブログ書くならやっぱりPC。

 

濃いオタクが多い

これはただの体感。やっぱり長文投稿に向いている分、文章好きが集まっている気がする。オタクのクソデカ感情が煮詰まった文章ははてブの方がエンカウントできる。noteより歴史がある分、何年も自担や推しを追いかけてきたオタクの現場記録とかよく転がってるし。noteはここ1年くらいで流行ったサービスだから、数年前の現場の当時の感想とかほとんど見かけたことがない。これについてはnoteの流行が続けば変わることかもしれない。

これはグループの影響もある。グループ巡回していれば自分とは全然違う界隈の濃いオタクを見つけられるし、逆に読んでもらえる。

あとnoteって芸能人とか有名企業の社長とかそういう人たちが多いせいかサイトのオーラがめっちゃキラキラしてる。陰キャには眩しすぎる……。

 

note

秒でアカウント作れる

ツイッターのアカウントで作れるので、マジで開設が秒。今までブログやったことないけど、やってみる!という人にはこの速さは絶対魅力的。

 

気軽に書ける

はてブの編集画面開くと何かちゃんとした記事書かなきゃとか、文字数書かなきゃって思ってしまうんだけど、noteにはそういうプレッシャーがないので本当に思ったまま書ける。長文には向かない代わりに、ツイッターでは足りないしガッツリ書きたいほどでもない文字数のときに本当にいい。短く終わってしまったり、しょーもないネタのときでも罪悪感(?)が全くない。

これはデザインも文字装飾もめちゃくちゃシンプルだからこそ生まれる気軽さ・気楽さなのだと思う。ブログをあまりやったことない人にとってはやっぱりこの感じもハードル低くて取っつきやすいと思う。

 

全てがアプリで完結する

はてブの項目でnoteアプリの文句めっちゃ言ってしまったんだけど、noteアプリにも良いところがあって、それは記事を書くことも閲覧することもできるところ。はてブだと編集はできるけど、自分のブログと自分が読者登録しているブログしか閲覧できない。別にアプリの方が見やすいとかいうこともないので、基本的にブラウザで見ている。

まあでも個人的にPCで閲覧することが多いので、この点はどっちでもいいかなという感じ。スマホ>PCの人はnoteめっちゃ便利だと思う。

 

どっちが見てもらえる?

個人的な体感としてははてブ。グループ機能があったり、トップのおすすめ記事に載ったり(わたしの場合なぜかBLCDの記事書いたときだけ一瞬トップに載りがち)、検索にも強いので、アクセス数稼げると思う。ツイッターで共有した方がアクセス数稼げるけど、共有しなくてもある程度稼げる印象。

先日投稿した魔女見習いをさがしての感想記事は、「魔女見習いをさがして 感想」とかでググると1ページ目にわたしのブログが載っているくらいなので、過去イチアクセス数が多かった。マジで検索には強いと思う。

あとはてブの公式ツイッターが紹介してくれたりもする。

紹介基準ゆるいから、めちゃくちゃ有名ブロガーでなくても、めっちゃリアクションもらえている記事でなくても紹介してもらえる。わたしはこれと華Doll*の記事を紹介してもらったことがある。はてブツイッター運用しているスタッフさんはマジで人のブログ読むの好きなんだなと思えるので好感。

 

noteはもうツイッター共有前提って感じ。共有しなきゃマジで読んでもらえないと思う。ジャンル別におススメ記事の一覧が見れるページもあるんだけど、ジャンルの区切りが大ざっぱすぎるのと、紹介されている記事が多過ぎて1つ1つが埋もれてあまり使い物にならない。

ということはつまりツイッターでのフォロワー数が多い人ほど読んでもらえるってことになる。あとツイッターやってなくてもファンが拡散してくれる人とか。

これは人の受け売りなのだけど、はてブは文章を読んでからその人を好きになるツールだけど、noteは既に好きな人の文章を読むツールだから、noteの方がその人の知名度がダイレクトに閲覧数、いいね数に直結しがちな印象。

 

どっちがリアクションもらえる?

これはnoteなんだよなあ。はてブは閲覧数だけ稼いでスター全然もらえないこと普通にあるけど、noteは投稿したらとりあえずいいねもらえる。はてブにしろnoteにしろアフィ系記事書いてるわたしの記事のどこに好意を持ったのかわからん人からのリアクションはあるけど(マジで死ぬほどがっかりするからやめてほしい)、noteは割と同じジャンル記事書いている人からのいいねも混ざっている。てかnoteの方がいいね数稼げるからその分とも言えるけど。

とはいえわたしnoteでゴリゴリオタクな記事あんまり書いたことなくて、いいねもらえるなっていうのも読書記録の記事についてなので、もしかしたらジャンルによるかもしれない。

でもnoteやってて、アガサ・クリスティの小説の感想書いてリアクションもらえるってはてブだったら絶対ないなとは思う。noteなら同じ読書ブログ書いている人からいいねしてもらえる。めっちゃいい。

 


 

大体こんな感じ。どちらのサービスにもそれぞれ良いところはあるので、結局は自分の肌に合う方を使えばいいという当たり前の結論になる。

わたしははてなブログがサービス終了しない限りはてブをメインに使い続ける。あんまりにも好きなはてなブロガーさんたちがnoteに移行しちゃったら寂しいので移行考えなくもないけど!