長文置き場

備忘録

宇宙よりも遠い場所 感想

www.amazon.co.jp

そこは、宇宙よりも遠い場所──。何かを始めたいと思いながら、中々一歩を踏み出すことのできないまま高校2年生になってしまった少女・玉木マリ(たまき・まり)ことキマリは、とあることをきっかけに南極を目指す少女・小淵沢報瀬(こぶちざわ・しらせ)と出会う。高校生が南極になんて行けるわけがないと言われても、絶対にあきらめようとしない報瀬の姿に心を動かされたキマリは、報瀬と共に南極を目指すことを誓うのだが……。

https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci_pc?workId=21949

※ネタバレ有

通称よりもい。よりもいの高評価ぶりは結構前から知っていた。興味あるけど腰が重く見ずにいたのだけど、ようやく見ることにした。

 

完走してみて、このアニメがこんなに大絶賛されていることにビックリした。

つまらなかったというわけではない。3話で涙ぐんで5話で泣いて、その後2回に1回のペースで涙ぐみ、ラスト2話はもう大体泣いていた。

大絶賛が意外だなと思ったのが、このアニメの面白さが真っ当だったからだ。

今の時代話題になるのはキャッチーさがあるものや、センセーショナルな作品で、真っ当でストレートに面白いものは、フックがないので埋もれやすいという印象を持っていた。今でも持っている。

だけど、よりもいは女子高生が南極に行くというストーリー以外はキャッチーでもセンセーショナルでもなんでもない。南極に行くことになった4人の少女の成長だったり友情をまっすぐ丁寧に描いている。ぶっちゃけ話に目新しさは何もない。何ならご都合展開もかなり多い。まあ女子高生が南極行く時点でご都合なんだけど……。

だからこの手の真っ当で王道に面白い作品って今の時代埋もれてしまうタイプの作品だと思った。それが埋もれずにわたしでも高評価ぶりを知っているくらいには存在感を放っているのがすごく意外だった。

正直神アニメ!号泣必至!とハードルをガン上げすると、どこで泣ける?どこで泣ける?みたいな感じになったり、意外と多いご都合展開が目についたりするので、暇つぶしに話題作でも見てみるかくらいの軽い気持ちで見るのがいいと思う。

 

とはいえご都合展開なんか気にならなくなるくらい話が良い。

別に南極行くまでの過程(のリアルさ)だったり、南極観測隊としてのお仕事が主軸ではなく、登場人物の心理描写や関係性、青春ドラマが主軸だからだ。南極はあくまでその舞台にすぎない。

キマリの「ここではないどこかに行きたい」という気持ちだったり、でも毎回怖くなってできなかったとか、日向の「目に見えるもの全てが知らない、しがらみが何もない場所に行きたい」みたいな気持ちにめちゃくちゃ共感できた。

こういうことって誰しも思うことだと思うんだけど、そういう子たちが一歩踏み出す、新しい自分に変わっていく姿が本当に胸を打つ作品だなと思う。

 

わたしは南極行く前のキマリタイプなので、もう報瀬が眩しくて眩しくて仕方なかった。周囲にバカにされても止められても絶対に南極に行くんだって100万円稼いで色んな計画も練って実行して、バカにしてた奴らにざまあみろって言うんだとかもうとにかく眩しい。後半とか報瀬よくやったねええええ!!!とか、頑張ったねええええ!!!みたいな気持ちになり、キマリや日向から「南極に連れてきてくれてありがとう」と言われる報瀬でぶわっときてしまった。

もちろん12話と13話は大体泣いていた。12話の1万円ずつ並べるシーンで報瀬のこれまでの努力が伝わってきて泣いたし、お母さんへの想いに決着をつけるシーンはさすがにボロ泣きした。メールの演出がエグい。

 

あとこのアニメが好きだなと思う理由にめぐっちゃんの存在も大きい。

1話とか2話くらいまでは主人公のこれまでの親友ポジションで、だんだん影が薄くなっていくやつねと思っていたのだけど、めぐっちゃんの言動に「あれ?」と思うことが度々あり、そのモヤモヤ感が消化された5話がね……!マジで5話大好き。

キマリにこれまでしたことを謝り、本当に何もなかったのは自分で、ずっとくっついてたのも自分の方なんだと告白して絶交宣言までするのは本当に心が震えた。長い付き合いでずっと姉的ポジションだったのに、こんな今までプライドかなぐり捨てるようなこと言えるのすごいよ。

それで1話にあった「淀んだ水が溜まっている。それが一気に流れて行くのが好きだった~」が来るのでうわぁぁぁぁぁぁ!!!!!ってなる。これめぐっちゃんにもかかっているシーンなんだなって。キマリたちが南極に出発し一歩踏み出すように、めぐっちゃんもこれまでの自分に別れを告げて一歩踏み出す、本当に好きな回だったなあ。

ラストの北極行きもめっちゃ粋だったし、キマリにとっては南極行きで数か月濃厚な時間を過ごした報瀬・日向・結月も、別の場所で一歩踏み出しているめぐっちゃんも、どっちも友達なんだと思えるとこが大好きだった。

 

見終わった後、良いアニメ見たなー!!!という爽やかな気持ちになれる作品で本当に見てよかった!