読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Crystal break

平成ライダー沼に足を取られてしまった人間のブログ

Hello talk

 

HelloTalk 相互学習 無料で英会話

HelloTalk 相互学習 無料で英会話

  • HELLOTALK FOREIGN LANGUAGE EXCHANGE LEARNING TALK CHAT APP
  • 教育
  • 無料

 

今回は「Hello talk」という最近私がハマっているアプリの話です。

名前の通り無料で外国語が勉強できるアプリで、手軽に外国人とチャットができるというものです。この手の外国人と交流ができるコンテンツは数年前から色々あったんですが、hello talkの強みは何と言ってもレスポンスの速さで、line形式でチャットできるので挨拶を送ると数分で返事が返ってくることが多いです。もちろん無反応なこともあるんですが、そのときは別の人を探すという風にできて、登録しても全然反応がないからつまらないみたいなことが全くないので飽きないです。ちょうどブログに対するツイッターみたいなものですね。

それでいてアイコンが拡大できないようになっているとか、出会い系っぽいワードを書きこむと警告が出るとか出会い系としての利用が極力されない仕様になっているのも好感度高いですね。「No romance」って書いてる人も多いです。

 

個人的な使用感としては最初の2週間くらいは自分から話しかけてばかりで、メッセージが向こうから届くということはなかったです。ネットに自画像上げたら死ぬと思ってるタイプの人間なので自画像じゃなかったのも原因かもしれないですが。でも時間経つとぼちぼち向こうからメッセージが来るようになりました。

あとモーメンツという機能が面白くて、要するにまんまツイッターな機能なんですが、アニメとか映画の話するとふぁぼとかコメントがよくつきました。でも1番ふぁぼもらったのは「アジアの近代史の講義漢字多すぎてダルすぎ」と漢字で埋め尽くされたノートの写メあげたツイートなんで、やっぱり語学ネタはウケます。とはいえ圧倒的にウケるのは顔が良い人があげる自撮りなのでこの世の中は顔という真理も実感できます。

 

今のところ定期的に会話してるのは始めたばかりの頃に話しかけた人たちで、1人は同年代のイギリス人の男の子と、もう1人は香港の28歳の男性ですね。語学アプリなんですがもはや英語でオタク会話をするアプリと化しているので2人とも例によってオタクです。

イギリス人の子は私より最近のアニメに詳しくて見てる量も向こうの方が多い。向こう「○○ってアニメ(漫画)見たことある?」私「見たことない…」のやりとり何十回したか分からないレベル。その子から聞いて知ったんですが、クランチロールという日本のアニメを字幕つきで配信しているサイトがあって、それのおかげで海外でもかなり手軽に日本のアニメ見れるようになってるみたいです。

銀魂と東京喰種が大好きで、アーティストだと凛として時雨の大ファン。データでも音楽買えるしそっちの方が断然安いけど円盤として手元に置きたいから、日本からわざわざ円盤をインポートしてる話を聞いた時はオタクの気質は世界共通だ…と思った。

 

香港の人は今日本に住んでいるので日本語がめっちゃ上手い。リア充爆発してイルミネーションになればみんな幸せになる」と書き込みしてるくらい日本のオタクのノリもめっちゃ分かってる。香港の人って英語話せるの?と思っていたら、生まれは香港だけどカナダで過ごしていて、今も家族がカナダにいるので英語がペラペラなんですね。

その人は守備範囲がアニメにとどまらず特撮とかソシャゲもバリバリこなしているので、普通にツイッターでオタクと話してるみたいな感じですごく楽しいです。何かやたらと守備範囲が被ることが多いので「you must be lost my twin or something!」って言われました。

 

会話していてわかったんですが、中高レベルの英語が分かっていればチャットするには全く問題ないですし(私は高校英語はうろ覚えです)、「君の言いたいことが分からない」って言われたのも1回きりですね。気付いたら2時間くらい話し込んでることも結構あります。オタク会話なので話していて楽しいんですが、頭はフル回転しているのでお得感があります。

簡単な英文だったらパッと構文が思いつくようになったし、ネイティブの英語文章から英語盗めるしこれからも使っていきたいと思います。