Crystal break

平成ライダー沼に足を取られてしまった人間のブログ

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2 感想

 

 

 

今更だけどコードギアスの1期と2期を見たので感想。

 

一言で言うとめちゃくちゃ面白かった!!!!!

放送当時はハマっている友達を横目にフーンと思っていたんだけど(当時はロボットが出てくるだけでダメだってなるタイプだった)、今見ると本当に面白い。人間の感性は変わるものだなあと思う。

政治的な云々があったり自分の本心を嘘でごまかすが多かったりで、キャラの心情の移り変わりや思想を把握するのが難しい面があったり、強引な展開もあったけれどストーリーがグイグイ引っ張ってくれるので最後まで一気に駆け抜けられた。あとR2はダレたって意見もあるけど、個人的には最後まで楽しめた。

学園×超能力×ロボットバトル×政略って要素をこれだけ面白く絡ませて話を展開できるのは本当にすごいと思った。 上手くエンターテイメントに消化しているというか。できることなら記憶をなくしてもう1度最初から見たい!!!!

以降色々気になったことを箇条書きで。

 

主人公

これを見る前までは頭の良い主人公でダークヒーローというとデスノ夜神月を思い出すので、ルルーシュも月みたいな自分の目的のためなら平然と周囲を利用し殺したりするタイプかと思ってた。でも実際見てみると確かにそういう冷酷な一面はありながらも、身内にめちゃくちゃ甘い!情に流されやすい!

元がナナリーのためにこんなことをしているから、ナナリーに異常に甘いのは当然だとは思うんだけど(それでもシスコンが過ぎるだろ!と思うことは多々あった)、スザクに対しても甘いしスザクが因縁の白カブトのパイロットだったときは超動揺して、結果立場的には対立しているのに「生きろ」ってギアスをかけちゃうし。でもそういう非情になりきれない、身内と対立したり自分のせいで死なせてしまったときは本気で悲しみながらそれを押し殺してゼロとして振る舞うのが印象的だった。ルルの魅力はゼロというダークヒーローの仮面と情の間で揺れ動くところだと思う。決して完全に非情で冷酷な人間ではないというか。あと守りたいものがたくさんあるところも好き。

あと今だと多分こういうトーンの役珍しくないと思うんだけど、当時は福山潤がこんなトーン低めの役!?と思ったけど(トーン的にはスザクとかロロやってそうだと思った)、見てみるとルルーシュはやっぱ福山潤以外にありえねえ…と思う。ルルーシュはかなり頑張ってゼロを演じている部分があるから、あの頑張って出してる低音が絶妙に合う。

 

戦闘

戦闘は1期の方が楽しかったですね。マシンスペックも双方変わらない感じで、戦略・戦術でひっくり返せる面白味があった。でも2期になるとマシンスペックにモノを言わせるようになるので、インフレしがちだし何か普通のロボットアニメだなあ…と思ってしまった。でもR2終盤のルルーシュvsシュナイゼルの陣形だけで牽制しまくってたのはワクワクした。

 

皇帝関連

アーカーシャの剣」とか「Cの世界」とか結局皇帝は何がしたかったんだ…?と思った。何かここだけ急に話がぶっ飛んだような気がしてすごい戸惑った。調べてみたら、全人類の意識を1つに統合し共有することで嘘がつけない世界にするってことかな。このへんは説明台詞っぽくなってもいいから、分かりやすくしてほしかったなあ。

 

ラスボス

若本皇帝がラスボスかと思ったらシュナイゼルがラスボスだった。個人的にはシュナイゼル自分の意志や欲望というものがない虚無的な人格というキャラ付けはめちゃくちゃ好き。衛宮士郎感がある。しかもギアスなしでルルーシュを追い詰め、周りの人間を駒にしていく頭の良さはなかなか絶望感があった。まあ周りの人間を駒にできたのは直情型の脳筋タイプが多かったというのもあるけど。

あと最後にルルーシュが「ルルーシュに従え」じゃなくて「ゼロに従え」ってギアスをかけたのは上手いと思った。スザクに政治的手腕があるとは到底思えないからなあ…!

 

ゼロレクイエム(最終話の展開)

ルルーシュが死ぬことは知っていたし、知らなくても最後死ぬなと容易に予想できるタイプのキャラだけど、いざ死亡シーンを見たときはあまりに悲しかった。だから「レクイエム」なんだなと。ルルーシュの死自体も悲しかったけど、ルルーシュの亡骸にすがりつきながらナナリーが号泣するのがもう余計見ていられなかった…。

私がルルーシュ死亡説を支持しているのはルルーシュが生きていたらこのナナリーの号泣シーンの感動と兄妹のすれ違いの切なさが半減じゃないか!というのが理由。ナナリーもルルーシュと同じことを考えていて、それに気づいたルルがナナリーにギアスかけるシーンとかめちゃくちゃ良かった。そんな似た者兄妹なのに何でこうなってしまったのか……。

 

音楽関連

OPED共に1期1クール目が1番好き。COLORSはコードギアス始まった!!!!って感じする。勇侠青春謳はEDのスライドショーとの相性が凄く良かったし、EDのスライドショーといえば2期2クール目もすごい好き。

挿入歌はサントラ借りてきて今めちゃくちゃ聞きまくってる。どれも綺麗で神秘的な曲だし、悲しい場面で流れてることが多かったのもあって全体的に死者へ手向ける歌みたいな印象だから本当聞いてて悲しくなる。でもめちゃくちゃ良い曲の暴力。個人的にはロロが死んだときに流れていた「僕は、鳥になる。」が好き。二部構成なのがたまんないんだな。

 

あとは印象的な回。(R2最終回は除く)

・1期 14話

話の筋書自体はフルーツバスケットのはとり回みたいだと思った。というか全く同じ筋書だと思ったんだけど、やっぱり記憶関連の話は見ていて辛かった…。

でもギアスならルルについてのことを全部忘れさせるじゃなくて、ゼロ関連のことだけ忘れさせることもできたはずなのに、自分についての記憶を全て忘れさせたルルの覚悟がもう…。それと音楽面でもこの回の終盤で流れる「Masquerade」はめっちゃ神曲だし、EDのモザイクカケラへの繋がりも最高で良かった。

マオ編はいらないって意見もよく見るけど、マオがいるからルルのギアス暴走が納得しやすいし、シャーリーの記憶消すきっかけになったりC.Cとの関係も進展したし必要な回だと思った。KMFを使わない人対人の心理戦が詰まってるのも面白かった。

 

・1期 22話~23話

 し ん ど い 

それしかない。うっかりギアス許されないだろ!!!!何がしんどいって、ユフィの日本人を思う気持ちは本物だったのにギアスのせいで虐殺王女の悪名が後世まで残るのがしんどい。普段の可愛い声と無邪気な喋り方で「日本人は皆殺しです!」って言うのがもうやめてくれ!!!!!ってなった。しんどい。でもこれで1番得をしたのは黒の騎士団なんだよな…。

せめてもの救いはこのことをユフィは何も知らずに死んでいけたことで、死に際のユフィとスザクの会話はキャストの熱演もあってR2を含めても屈指の名シーンだと思う。ギアスの力に抗ったユフィ、ユフィに優しい嘘をつくスザクと本当にあのシーンは悲しいとしか言いようがなかった。そしてルルーシュとスザクの亀裂が決定的なものになった出来事でもあった…。

 

・R2 13話

ただただ呆然。こんなあっけなく死んじゃうの!?!?!?と思った。とはいえシャーリーはここで衝撃的な死を遂げたからこそキャラとしてのインパクトが強烈に残って良かったんじゃないかと個人的には思う。正直あのまま生存してても空気化するだけだっただと思うし、ルルの帰るべき日常がなくなったという面でも意味ある死だと思う。

でもそれはそれとしてショッキングすぎる…。記憶を消されてもまたルルを好きになって、記憶を取り戻しても父親の件があってもそれを赦してルルのために奔走した姿はもうルルーシュへの凄まじい愛を感じたし、ここの折笠さんの演技が良すぎるし…。

あとロロに関してはコイツなんて恐ろしいことを…!と思った。何が恐ろしいって、この後のルルのロロへの報復が。でもロロはナナリーへの対応を考えると、このことがなくてもいつかシャーリー殺しそうだなという感じはある。

 

・R2 19話 

シャーリーを手に懸けて、ロロ雑巾ルート確定じゃねえか…とビクビクしていたら、思った以上に綺麗な死に方をしたのである意味ホッとしたというか…。ギアスのせいで不本意な死に方をしたユフィやシャーリーよりずっと良い死に方なのはビックリした。

この回はルルーシュの甘ちゃんさというか情に流されやすい部分が顕著に表れていると思った。ロロ、ルルーシュにとってはナナリーの場所を奪った上にシャーリーを殺すってダブルで地雷踏んでる相手なのに…。でもあそこまでボロクソに言って突き放したのに自分を守って死んでいったのはルルーシュからするとその気持ちは認めたって感じなんだろうな。色々やらかしてたけどここは素直に感動的な場面だった。

嘘と建前を重ねて苦しくなってるキャラとか、揺れやすいキャラが多い中で行動原理がシンプルかつブレないロロはかなり好き。良いヤンデレだったね!

 

印象に残ってる回はこんな感じ…というか大体死亡回レビューになってる!ギアスは死亡シーンは物凄い盛り立ててくれるから印象に残りやすい。あと鬱回の前って大体学園でワイワイする話な気がするんですが、ルルーシュが猫追いかける回とか巨大ピザ作る回とか会長が卒業前にイベントやる回も笑えて好きだった。

キャラでいうとヤンデレブラコンロロくんも好きだけど、ロイドさんも独特の可愛さがあってめっちゃ好き。セシルさんとスザクとのトリオめっちゃ良かったし、マッドサイエンティストと思わせておいてスザクやニーナに真面目に助言してるところとかギャップが良かった。

 

感想はこんな感じで。本当に記憶なくしてもう1回見てえ…と強く思うアニメだったんだけど、どうやら来週の月曜からabemaTVで1期・2期・アキトと一挙放送があるそうなので間髪入れずに2周目しようかな!?とワクワクしています。